世界をユメカキでいっぱいに

ハワイでのユメカキ遠征に親子で参加!

ーーーーーーーーーーーーーーーー
◆中1と小2の娘を連れて◆
ーーーーーーーーーーーーーーーー

ハワイでのユメカキ講座に
中1と小2の娘を連れて参加した、
ファシリテーターの淵野恭子です。

絵を描く事が好きな中1の長女にとっては、
学期末試験の前日に帰国するという
強行突破の旅行となりましたが、

ハワイ大学に実際に通う生徒さん達に
混じってのユメカキ授業は、

本人が思っている以上に、
貴重な体験となったと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆ハワイ大学での最初の授業で、
現地の学生と友達に!◆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最初の授業では、純先生とリエ先生と
通訳のリンダ先生の話を聞きながら、

長女と次女と2人で初めての
ユメカキメソッドに参加。

日本の学校の図工でもなく美術でもなく
道徳でもない、だけどそんな要素も含んだ、

イラストを描きながら
心の動きを考えながら進められていくメソッドに、
2人とも目をキラキラさせながら参加していました。

また、参加されたハワイ大学の学生さん達の、
色鉛筆を使い楽しみながらも、
真剣に取り組んでいた様子がとても印象的でした。

そんな空気の中で、長女は
イラストやアニメが大好きな学生さん達と仲良くなり、

次の授業からは、更にヤル気マンマンに!

自分が好きな物語をシェアし合うところでは、

通訳のリンダ先生を介して、
一生懸命自分の思いを伝え、

逆に異国の学生さんの真っ直ぐな思いを
必死に受けとめようとしていました。

気持ちを共有したいという思いには、
国境は無い
のだと、
身を持って学べたと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆中1の長女が、
現地の学生と将来の夢を共有!◆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ユメカキ講座の最後には、

長女は自分の将来の夢もイラストにして表現し、
後で私に見せてくれました。

思春期に入り、家ではなかなか
将来の事を面と向かって話すことがしにくい
中学生の娘にとって、

言葉では言いにくいことも
絵やイラストで表現することで

「これ見て~」の一言で、

照れや言いにくさを越えて、
相手に伝えることができるんだなと思えました。

娘の気持ちも、イラストを描きながら
明確になったと思います。

そして、そんな様子を見ながら、
私自身ファシリテーターとしても、

思いをイラストにして表現することは
相手に伝えやすくなることは勿論、

何より描く本人の気持ちが
明確になるんだなと

改めて実感することが出来ました。

小2の娘も、顔の表情の
色んなパターンのイラストを見たり描いたりして、

学校の授業とは違う雰囲気の中で、
伸び伸びと、生き生きと参加していました(^^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆現地のユメカキファシリ仲間との
家族ぐるみの交流◆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハワイの軽やかなエネルギーの中で、

日本人漫画家として現地に住み活躍する
ユメカキファシリテーター仲間の

前川かずおさんファミリーとの交流も
有意義なものでした。

異国の地で新たな文化を築こうと挑んでらっしゃる
前川さんがご縁を結んでくれた、
現地の日本語学習塾でのユメカキ講座でも、

現地で暮らす日系人の方々との出逢いがあり、
その温かさに触れることが出来ました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆人種と国を超えて、
共鳴していくユメカキメソッド◆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

純粋な思いから始まったユメカキメソッドは、
人種や国を越え、誰もが持つ純粋な心と
共鳴して広がっていくんだ
と、知ることが出来ました。

私にとっても今回のハワイ旅は、

単なる観光旅行では味わえない、
新たな自分と出逢えた旅となりました。

この旅を、今後の私のファシリテーター活動に生かし、
ユメカキの輪を更に広げていきたいと思います。

<小2次女が学校に提出したハワイレポート>

担当:淵野恭子