世界をユメカキでいっぱいに

子どもたちの創造力があふれ出した90分!小学校で特別授業。

授業を見学に来ていた、
校長先生を見つけて・・・

「ねえ、校長先生、見てみて!こんなの描けちゃった~!!」と、

思わず見せたくなっちゃう、子どもの気持ち、

すっごくわかります。

描けたっ!て、うれしいよね(^^)

・・・・・

こんにちは。
ユメカキJAPANインストラクターの
マツダリエです。

 

2019年7月16日。
この日は、船橋市立高根東小学校にて
2年生全クラスに
「イラトレ・カード」を使ったイラスト教育授業でした。

 

子どもたちの創造力があふれ出した90分。

最初は、絵を描くのが苦手だった子も、

最後には・・・


「先生~、もっと描きたいよ。時間が足りない~!!」と。

・・・・・・

あれ?最初は、描くのあんまり好きじゃないって
言ってたのに。ふふふ。

 

「もうちょっと、描く時間がほしい人〜?」

 

「はーーーーーーーーい!!!!!」

 

ナニコレ!?超、楽しんだけど!」

 

「このイラストは、
『なんかいいことありそう!』って
言ってそうな顔だな!」

 

「こんなに面白いの、描けた!!」

 

子どもたちの呟く声と笑顔が輝きます。

 

実は、このプログラムでは、
子どもたちがいつの間にか、

「小さな成功体験」を
いくつもいくつも積み重ねていく、という
設計になっています。

自分で決めて、自己決定していくことも
90分の中に盛り込まれています。

 

塗り絵からはじまり、
描く土台となる、基本の「き」と
イラストの成り立ち、を学び、

 

そして、
「イラトレカード (イラスト・トレーニングカード)」を使うと、

誰でも、スラスラと描けていく。


ちょっとしたコツ
を教えてあげるだけで、
子どもたちの可能性は無限大に広がり、
表現も創造も楽しくなっていくんです。

・・・・・

今回、一緒に、
それぞれのクラスで
子どもたちに寄り添いながら

授業を進めていただいた、
お仲間の「イラスト教育コーチ」の皆さんをご紹介します。

 

●2年1組は、
アイデアが楽しく、
子どもたちへあたたかい声掛けの
日下部泰子コーチ。

 

 

●2年2組は、
ていねいに優しく、
子どもたちに寄り添いながら教えてくれる、
鈴木順子コーチ。

 

●2年3組は、
ユーモアが溢れ、
子どもたちの心を動かし笑顔をつくる、
吉永鴻一コーチ。

 

そして、私、マツダリエです。

 

イラスト思考開発者の松田純先生は、
全クラスをまわり

子どもたちへアドバイスをしたり、声掛けをする
全体のサポートをしていただきました。

・・・・・

そして、授業の終盤では
子どもたちそれぞれが、
オリジナルキャラクターを完成させ、
2コマ漫画も作ります。

 

私の板書の例は、こちら。

『オリジナルキャラクター「パタパタくん」』

得意技は「雲を食べて、晴れにする」

と、紹介したら・・・

「わー!それ、めっちゃいい技じゃん!」と、
子どもたちに褒められました(笑笑)ありがとう。

そして、
例題を参考にしてもらいながら、
子どもたちも、学んだことを活かして、

(小さな成功体験を繰り返したあとで)

10分間でオリジナルキャラクターを作ります。

ここで、表現がすることの力が引き出されます。
自分で描けて、オリジナルで創れた、という
大きな成功体験に繋がっています。


得意技が「空に満天の星を出す」
なんて素敵なアイデアなのでしょう!
(小学2年生の男子生徒の作品)


得意技が「モテること」
あ、それ。私もほしい特技、と、
思わず笑顔になりました。
(小学校2年生女子生徒の作品)

 

2コマ漫画の板書の説明では、
絵を2つ、あらかじめ描いておき、
セリフは子どもたちに考えてもらいました。

そして、
それぞれのキャラクターで
2コマ漫画を描いていきます。

この「ストーリーをつくる」ということが、
子どもたちの創造力や、デザインする力を養います。

最後は、各クラスの中で、
『オリジナル・キャラクター・コンテスト』。

アイデアが面白く、工夫があり、
オリジナリティあふれる作品
コーチみんなで専攻します。

帰りの会のときに、
各クラスで、表彰式を行いました。

ミニ表彰状の授与では、
クラスのみんなから
あたたかい拍手がおこりました。

絵が苦手だった子も、
上手に描けた喜びいっぱい。

もともと描くのを好きだった子も、
スキルアップして楽しさいっぱい。

子どもたち約90人の
笑顔の花が咲きました!

・・・・・・

『子どもたちに、「絵が描けるようになる」体験と
学ぶ機会をつくってあげたい』と

表現力と創造性を育む、
この『イラスト教育』を
熱い想いで取り入れてくださる、
渡邉尚久
校長先生と、

ご協力をいただいた担任の先生方に
心から感謝を申し上げます。

これからも、
イラスト教育を通じて、描ける喜びを!
子どもたち1万人の笑顔をつくります。

・・・・・・

*今後の「イラトレ講座」の予定*

この「イラスト教育」を体験できる一般講座を
夏休み期間の「88日(木)」に開催します。
大人のみの参加も、子どものみの参加もOKです。

絵が苦手な方も、
もっとうまく描くコツを知りたい子どもさんも、お待ちしております。

夏休み親子特別講座『たった2時間で子どもの創造力と表現力が伸びる!【すごい!イラトレ講座】』[8/8(木)]〈東京・神田〉