世界をユメカキでいっぱいに

「子ども心」に戻ることで見えてくる大切なもの

こんにちは!

桜の開花も始まり、
陽気も少しずつ春めいてきましたね。

先週は1週間、
福岡ー熊本への出張でした。

前半の福岡編では、
障害者施設の取材と、職員研修。




障害者福祉の現場での、イラストを使った
見える化コミュニケーションの技術で、

人々の心(思考や感情)をつなぐ、
新しい仕事の可能性が形になりそうです。

ーーーーーーーーーーーーー
◆子どもたちが気付かせてくれた
  心をオープンにするプロセス◆
ーーーーーーーーーーーーー

福岡での3日目には、
尊敬する友人のご夫婦が主催で、
地域の子どもたちに向けて、

「子どもまんがイラスト教室」を
開催頂きました。


先月からの休校と自宅待機で
元気が有り余っている子どもたちと、

ワクワクな体験を共有しました。

子どもたちのお母さん方からも
嬉しい感想を頂きました。

・子供たちが、とっても楽しかったと話していた

・自分で描いた絵は宝物

・先生が描いたコナンがメチャメチャ上手い

・びっくりした顔、悲しい顔、
 嬉しい顔とか書いた時が楽しかった。

・ホワイトボードに描いてくれた絵が上手で、印象的だった。

・自分の絵を褒められた時が一番嬉しかった。

・ハワイの漫画を描いてる先生と聞いて、すごいと思った。

・もっと時間があれば、もう少しちゃんと書けたかも。

・また参加したい。

・「絵って面白い」って今朝起きてすぐ言ってたから、
 相当楽しかったと思う。

・昨日、家に帰ってからも書いてた。



1:「よく見る」

2:「下書きする」

3:「清書する」

の、3つのステップで、

自分の好きなイラストが
スラスラ描ける技術を学んで、

思い思いのキャラクターを
カラーで仕上げる。

子どもたちも、時間を忘れて
夢中で描いていました。

最近では、
「鬼滅の刃」「ポケモン」
「名探偵コナン」が人気ですね。

私もリクエストに答えて、
ホワボに描いてみたり(汗)

私たちも「子ども心」に戻って
イラストを存分に楽しみました!



鬼滅の刃の主人公、
竈門炭治郎です。

ーーーーーーーーーーーーー
◆子ども心に戻ることで、
  自然と、溢れ出してくるもの◆
ーーーーーーーーーーーーー

イラストを描くことで、

イメージを見える化する
右脳的な思考力が鍛えられますし、

イラストで表現し、
伝えることで、

言葉に限定されない、
相手の想いや背景を読み取る
「共感力」も高まっていきます。


楽しく夢中で描いていると、
結果的にですが、

自分のなかにある
埋もれていた感情や記憶も、

自然に活性化されていき、
解放できるようになるのです。



なにより、
私たち大人にとっては、

子ども心に戻ることで、
見えてくるものも、
大きいかも知れません。

ーーーーーーーーーーーーー
◆忙しい毎日のなかで、
  自分の気持ちや感情に
   蓋をしていませんか?◆
ーーーーーーーーーーーーー

忙しい毎日のなかで、
さまざまやストレスや不安に晒され、

「考えること」が、
活動の中心になってしまうと、

ついつい、
自分の気持ちを「感じること」や、
素直に「表現すること」が、

後回しになってしまうことがあります。

もちろん、大人の世界は、
感じることや表現することを
一旦セーブすることで、

常識や制度的な仕組みとして
成り立っている部分もあると思います。

けれども、あまりにも
自分の内面の気持ちを押さえ込む時間が
長すぎてしまうと、

だんだんと心が硬直化してきて、
「感情硬化状態」に
なってしまうのです。



そうなると、
自分の気持ちはもとより、
相手の気持ちも分からなくなり、

自分や相手の内面(本質)とつながる力が、
極端に弱まってしまいます。

・本当はどう感じているのか?

・本当はどうして欲しかったのか?

・本当はどうしたかったのか?

社会的には仕事がデキる大人として
活躍されている方に多いのですが、

子どものころの辛い経験や記憶が、
自分の「感じる心」を
凍結させてしまっているケースも、

時々ご相談頂くことがあります。

時々は、自分自身を
大切にするための時間をとって、

楽しくイラストを描きながら、
自分の感情や深い気持ちと向き合い、

本心に素直になることで、

それを表現し、
解放してみるのはいかがでしょうか?



もしあなたが、ずっと昔に、
自分の気持ちに蓋をしてしまう
出来事があったとしたら、

あなたが本来発揮できる、
素晴らしい可能性や才能が、

その途中で、阻まれていることも
あるかも知れません。

「考えること」を一旦手放して、
自分の内面の声に素直になって、

イラストを描きながら、

「感じること」と「表現すること」に、
ゆったりと自分を委ねてみること。

きっと、あなたの人生や仕事を、
本質的に高めてくれる大きな気づきは、

ご自身の本心に素直になるなかで、
自ずと溢れ出てくるのかも知れません。

自分と繋がるための技術としても、ぜひ、
イラスト思考を楽しんでみてくださいね。^^


心の深い部分での小さな気づきが、
現実世界では、
大きな変化となって現れることも、
よくあることです。

自分の気持ちや生き方と、
優しく向き合う技術としても、

イラスト思考の体験は、
きっとお役に立てると思います。

今日も最後までお読み頂き
本当に有難うございました。

あなたのご活躍を
心より応援致しております。

松田 純


P.S.

オンラインの環境で、
イラストを描くことを楽しむ
「おうちイラスト教室」の開催も
ちょこっと検討しています。^^