世界をユメカキでいっぱいに

命を守ること。心を守ること。

こんにちは!
イラスト思考開発者
ユメカキJAPANプロジェクト代表の

松田 純 です。

今日も関東では
良いお天気でしたね。

最近、お昼は日向ぼっこしながら
外で仕事をしています。

私自身も、リアルでの
人とお会いしての仕事は
ほとんど無くなった一方で、

イラストの製作やコンサルも、
講座や研修・大学の授業も、

ここ2ヶ月で一気に、
オンラインに移行しました。

コロナの影響を起点に、

働き方も、過ごし方も、
どんどん変わっていきますね。

世界的なメンターの
ディーパックチョプラ博士は、

先月のCNNの取材で、

物理的な感染のパンデミック
(ウイルスの感染爆発)を予防するための、

手洗い慣行や
社会的距離を保つことと同様に、

精神的なパンデミックの感染を防ぐための、
正しい心の習慣や、大切な人たちとの
つながりを深める重要性を説かれました。

メディアやSNSからの
ネガティブな情報洪水で、

モヤモヤした不安や恐れ、苛立ちが募り、
気持ちも疲れてしまいがちになりますが、

漠然とした不安や怒りに
内面を蝕まれることなく、

心を守ることも、
意識していきたいものです。

ーーーーーーーーーーーーー
◆シンプルな原則。
誰かの笑顔のために、
自分の才能を分かち合う◆

ーーーーーーーーーーーーー

とは言え、

まだまだ長期化しそうな
パンデミックと経済不況。

その深層では、

時代や社会体制そのものが
大きな転換期にあると思います。

これから、
どう生きるのか?

何のために、
生きるのか?

シビアな現実と直面しながら、

場合によっては、

失うものや、
手放さざるを得ないものも
あると思います。

けれども、
今回の一連の経験は、

私たち一人一人が、本来の、
人間としての本質に根ざした
生き方や働き方を見つめ直し、

再び、取り戻していく
大切な経験でもあると感じています。

最近、私は一人、
自転車で静かな公園に行き、

春の新緑のなかで仕事をすることも
多くなりました。

私たち人間の世界は、
日々深刻さを増していきますが、

大自然は、いつも静かに、
調和したその豊かさを湛えています。

そのゆったりとしたリズムに、
呼吸を調和させていると、

心と全身の細胞が喜び、満たされて、
大きな安心感と、信頼を感じます。

不安は、私たちが
本来の自己と切り離された時に
湧き上がります。

尊敬する世界的なメンターで
チベット密教の指導者でもある
ゲシェ・マイケルローチ博士は、

「私」と「私以外」とを隔てる意識

今回のコロナ蔓延と世界不況の
根本原因にある、と述べられました。

その意味するところはきっと、

今回のような、

世界全体での大きな災厄を
人類が経験していくなかでは、

自分中心・自国の利益中心で
他人や世界を意味付け・価値付けして、
コントロールしようとする

私たち人間の業(カルマ)こそが、

今回、根幹から揺さぶられている
試練の核心にあるのだ、

ということのように思います。

心と意識の
メカニズムにおいて、

不安や恐れという現象は、

「私」と「私以外」を隔てる、

自分中心という幻想から
生まれてきます。

本来の自分(真我)との
つながりを取り戻すこと
によって、

私たちは、不安から
真に自由になることができるのです。

それは、
難しいことでは決してなく、

自分の日常でも
すぐ実践できるくらいの、

とってもシンプルなことです。

私たちがコロナ禍を超えて、

新しい世界を描き作り上げるための、
正しい心の在り方は、

先人方が伝えられた叡智の中にも、
しっかりと見出すことができます。

ーーーーーーーーーーーー
◆私は、もう一人のあなた。
あなたは、もう一人の私◆

ーーーーーーーーーーーー

先人たちは、

「お蔭さま」であること。

「お互いさま」であること。

すべてのものごとは、
分かちがたく繋がっていることが

真理であることを、

日常的に知っていました。

大変な時期であるからこそ、
自分のことだけでなく、

誰かのことを思いやり、
小さな利他へとエネルギーを向ける。

相手の小さなHAPPYに、
意識と行動をフォーカスをする。

そのために、

自分のもっているものを活かす。

温かい気持ちで、分かち合う。

そうすると、

私たちが本来持っている豊かさに
さらに深く、さらに強く、

気付けるようになります。

生活は、最低限。
シンプルで大丈夫。

座って半畳、寝て一畳。

本来はそれで、
充分なのです。

虚栄や無駄は、やがて
どんどん剥がれていきます。

むしろ、不必要なものは、
潔く手放すほうが賢明です。

本当に価値あるもの。

真に、人生の意味を
授けてくれるもの。

自分は、何のために
生まれてきたのか?

大切な人たちのために、

自分にできることは、
何だろうか?

本当のものが、

これからは、より大切に
見直されていきます。

むしろ、本物以外は、
残らなくなっていきます。

あなたの大切な人のために、

自分の足元からできる、
小さなGIVEを始めてみましょう。

無理に頑張らなくてもできる
小さなGIVEを、

温かい気持ちで
誰かと分かち合ってみましょう。

そこから受け取る

温かいエネルギーと
直感的なインスピレーションが、

私たちに、自分ができる
素晴らしい貢献への扉を開いてくれ、

私たちを、次の新しい流れへと
スムーズにつなげてくれます。

ーーーーーーーーーーーーー
◆足元からの小さなGIVEが、
世界を明るく照らす一灯に◆

ーーーーーーーーーーーーー

小さなGIVEを心に見出し、
小さな行動をはじめることで、

モヤモヤした不安が、
穏やかな安心に変わります。

先の見えないイライラが、
肚の座った、覚悟に変わる。

私たちユメカキJAPANは、
皆さんと一緒に、
このコロナ禍を乗り越えて、

新しい時代への LIFE SHIFTを
そしてWORLD SHIFT を、

実現したいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーー
◆あなたのなかにある小さなGIVEの種を
世界に分かち合うためのお手伝い◆

ーーーーーーーーーーーーーー

私自身も、
先月から始めた、

今の自分にできる、
小さなGIVEへの取り組みが

いくつかあります。

その一つが、

イラスト思考を使った
少人数制のグループセッションです^^

参加頂いた皆さんにも、
とても温かい癒しと気づきの時間を
楽しんで頂いています。

少しイラストに慣れてきた方は、
こちらも活用いただくと嬉しいです。

▼イラスト思考2020 4月19日・26日(日)午前中
https://mailform.mface.jp/frms/tukibue/sawc4m78khca

【▼参加者の方の感想】40代 女性(会社勤務)

 最初は緊張していましたが、あたたかくすてきな時間になりました。

 ありがとうございました!

①今日、学べてよかったこと(3つ)
・オンラインの可能性をめちゃくちゃ実感できた。
 人とのつながりが大事なことが再確認できたし、
オンラインでも、こんなに安心感があるのかと驚きました。
・アウトプットが2段階でできて、より深まった。
 事前にまず一人でイラストを完成し、さらに人と話して共有する、という2段階は、
効率よく掘り下げ、気づきや計画を自分の中で定着させるために、
とってもよかったと思います
・双方向なコミュニケーションができた。
 一方通行ではなく、全員が参加者として双方向に
コミュニケーションとれたのがすごくよかったです。
 メンバーの方の発表を聞きながら、気づかされることもたくさんありました。
 オンラインのほうが、いい意味でよりフラットになって、
 話しやすいのかもしれないですね。
②受講前と後でどのように変化しましたか?
前:できなくなったこと(制約)に目がいっていた
後:当たり前だと思っていた存在の大切さに気づいて、
  そこに集中すればいいんだと思えた。
  これから進むべき道(仕事やライフスタイル)も、
  その先に見えてくるんだろうなという手ごたえが得られた
4つの輪の解説のおかげ)
前:ひとりで悩んでいるような、孤独感があった。
後:自分からも参加者からも、肯定されている感覚が得られ、ほっとできた。
③今日からどんな行動を楽しんでいきますか?
 ヨガと瞑想を続けて、それをもっと共有していきたいです。
 すぐに一緒にやれなくても、ヨガ・瞑想をベースに話をすることで、
 穏やかさと明瞭さの恩恵を共有することができるかな?と感じました。
④このプログラムの魅力を、人に伝えるとしたら?
 事前にイラストを使って整理して、
 それをオンラインで共有してフィードバックをしあう、
 全員参加型オンラインカウンセリングみたいな時間。
 ポジティブなフィードバックをかけあうことで、自然と前向きになることができ、
 明るい未来のヒントが得られた気がします。
▼40代 男性 専門学校教員

 

少人数なので、

私の方からも
お一人お一人の課題に寄り添いながら、
具体的にアドバイスできますし、

もし、不安やモヤモヤで
行動が行き詰まっていらっしゃる方には、

少しでも元気になって頂けると、
嬉しいです。^^

▼イラスト思考2020 4月19日・26日(日)午前中
https://mailform.mface.jp/frms/tukibue/sawc4m78khca

 

どうぞ、必要以上に
不安に捉われ過ぎずに、

頭と心をシンプルにして、

地に足のついた毎日を
しっかりと味わってまいりましょう。

今日も最後までお読みいただき、
本当に有難うございました。

あなたのご健康とご活躍を
心より応援いたしております。

松田 純