世界をユメカキでいっぱいに

保健室にイラストがあると楽しくなる!

学校の養護教諭で、
イラストを日常の学校生活に活用している竹内由子先生の
取り組みをご紹介します。

ちょっとしたことで、
楽しさが日常にあふれますね!

以下、竹内先生のご報告です。

実践内容は3つあります。

ひとつめ、保健室の入り口ではイラストがお出迎え!

保健室の入口には、小さなホワイトボードがあります。
そこには、「今日の質問」とかわいいイラストを描いてます。
「これって、〇〇先生?」と聞かれることもあります。
お出迎えのイラストは、「楽しい顔」がモットーです。
毎日描いていると、本当に楽しいです。

 

ふたつめ、職員室前のホワイトボードには、イラストがメッセージ!

職員室前には、委員会活動のホワイトボードがあります。
歯みがきキャンペーンの情報発信にもイラストが大活躍!メッセージとともに毎日描いています。
「これって僕だよね?」とこっそり耳打ちしてくる先生も出てきました。
先生たちも楽しみにしてくれるイラストを描くのが楽しいです。

みっつめ、保健室の小物にもひょっこりイラスト!

こんなところにひょっこりとイラストが描かれています。
それは、ティッシュの箱!「ほけんしつ用」の文字の隣に、私の顔を書きました!
見つけてくれた、子どもたち、いるかな?と見つけてくれることを毎日楽しみにしています。

保健室にイラストがあると楽しくなります!