世界をユメカキでいっぱいに

学校経営に「ユメカキキャンバス」が!

校長先生自らが描いたユメカキキャンバスを、校長室のホワイトボードに掲示して、
学校経営に役立てているのは、広島県の広島市三入東小学校の清水校長先生。

「これまでいくら説明しても伝わりきらなかったのが、イラストやストーリーで伝えることで、
教職員の先生方に説明する際にとても重宝しています!」とのことでした。

「通常は言葉や文書をつかって説明するのだが、
それだけだと表面的な目標になりがちで分かりにくい」

「イラストで「見える化」することで、自分の想いやビジョンをしっかりと伝え、
そのうえで実際の行動計画まで共有できるのは、とても素晴らしい」、との感想を頂きました。

校長室に掲示してあるユメカキキャンバスを毎日確認することで、
自分の想いや、行動計画の進み具合を、そのつど確認できるから助かっている、とのこと。

また、校長室を訪ねてくる教員の先生方にも、そのつどビジュアルに説明して共有できるし、
他校の校長先生や、教育委員会の方にも、とても興味をもたれるそうです。

学校の方針やそれを支える想いやビジョン、そして「いつまでに、誰が、何をする」、という
具体的な行動計画までが明確になるところも、ユメカキキャンバスの魅力なのでしょうね。



ユメカキキャンバスを見た市教委の指導主事の方に、
「学級担任の先生方とも一緒につくったらどうですか?」という言葉にヒントを得て、
来年度の経営計画の一部は、若手の先生も巻き込みながらつくりあげる予定です。

「ユメカキ教育」が学校経営にもたら新たな可能性が、今からとても楽しみです。