世界をユメカキでいっぱいに

「幸せに生きる」とは一体どういうこと?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆「幸せに生きる」とは
どういうことなんだろう?◆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。

人と学びをつないで、
その人の能力開発と成長を支援する、

マナビツナグヒトの西脇みえこです。

 

「あなたは、自分が幸せであると言えますか?」

「幸せに生きる」とはどういうことなんだろう?

私は、好きな仕事をしながらも、
大好きな趣味に時間を注ぎながらも、

いつも「何か違う」という思いを
感じていました。

平成30年度まで約30年間にわたり、
公立学校で教員を務め、

最後の3年間は教頭として
学校経営にも参画していました。

幸せな境遇ではあるのに、

心から幸せと言い切ることが
できなかった
のです。

何かしらの不満や鬱屈する思いを抱え、

それを仕事や趣味に没頭することで
紛らわせているように思っていました。

「幸せに生きる」とはどういうことなんだろう?

それを考えていったところ、
ユメカキに出会いました。

そして、「幸せに生きる」ということは、

「本当の自分の思いに沿って生きる」ことだ
ということに気づいたのです。

親の期待に合わせたり、
人から任された役割を引き受けたりして
生きるのではなく、

「自分がどうしたいのか?
何を望んでいるのか?」という軸
の元に、

人生を作っていくことだと気づいたのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆ユメカキ☆NOTEでできること◆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ユメカキ☆NOTEは、

「本来の自分の願い」に基づいた行動を
創り出すパワフルなメソッドです。

・イラストを描きながら、頭の中のイメージを見える化する、

・ストーリーから自分の才能や内なる思いに気づく、

・自分のビジョンに即した行動をデザインする、

1冊のNOTEを完成させることで、
それらを可能にする手法なのです。

このNOTEを使うと、
簡単なイラストと言葉を組み合わせ、

言葉にすることが難しかった
自分の思いや気持ちを表現し、

相手と共有することができるようになります。

「何のために?」

「どんな世界観?」

という問いに対する答えを描くうちに、

自分が大切にしている価値観や
才能に気づく
こともできます。

だから、自分のビジョンに
即した行動計画を立てて、

心とつながり未来を創造する
第一歩を踏み出すことが可能になるのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆ユメカキ☆NOTEから生まれた
私自身のセカンドキャリア◆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在、私が作っているセカンドキャリアは、
このユメカキ☆NOTEから生まれました。

私が何をしたいのか、
私は誰なのかを突き詰めていったところ、

「一人ひとりが自分の才能を生かし、
幸せに生きることができる社会」

が、ユメカキキャンバスに現れました。

そのために、何をすればいいのかを考え、
何枚もキャンバスを描き、

そこに書かれたことを実行し続けたところ、
退職後1年経って、

教育コンサルタント/共育コーチとしての、
新たなスタートライン
に立つことができました。

私の目標は、

〈いつでも誰でもどこでも学び、
成長できる場(機会)を作ること〉
です。

人は、誰でも、独自の才能を持ち、
それを発揮して、自分らしく生きることができる

と信じているからです。

そしてそれを実現するための
最強ツールが学習だと思っています。

だから、誰でも参加できる
そういう場や機会を作っていきたいと思うのです。

これからは、好きな仕事をしながら、
ビジョン実現をめざしていきます。

自分の才能や実現したい夢に気づくと、
何をすればいいのかがわかります。

思いに従い行動することで
「自分らしい生き方」を実現できる
と思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆子ども達に教わったこと、
子ども達に伝えたいこと◆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このことに気づかせてくれたのは、
学校で関わった子ども達です。

たくさんの可能性を持った子ども達は、
成長の過程で私にたくさんの問いを
突きつけてきました。

「何のために勉強するの?」

「こうすることが、何の役に立つの?」

「どうせ自分なんかムリ!」

だからこそ、

「自分の才能を生かして自分が望む生き方」

子ども達、一人一人が見出して欲しいと思っています。

開発者の松田純先生に出会ったのが2016年。

2017年に地域のイベントに
ご協力をいただいたことを皮切りに、

勤務校でのユメカキ授業を
2年間開催することができました。

「どうせムリ」

「何のために勉強するの?」

と言った子どもが、

夢中になってキャンバスを描き、
自分の夢を表現する姿を目の当たりにしました。

昨年は、勤務校以外にも、

公立の小中学校8校(のべ数)で、
ユメカキの授業をさせていただきました。

そこでも、

「将来は~になりたい」

「~をするために、高校に入って・・・を勉強する。」

たくさんの夢がユメカキ☆NOTEに描かれていきました。

子ども達の瞳の色が、鉛筆を持つ姿が
どんどん変わっていくことに感動を覚えました。

ユメカキ☆NOTEとの出会いから、

学校の先生の私から、

いつでもどこでも誰でも
学び成長することを支援する私へと、

キャリアも大きく変わりました。

誰だって、自分本来の願いに沿って、
その才能を発揮しながら生きることができます。

そのことを実感している私だからこそ、

これからは、ユメカキ☆NOTE講座、
学校や地域への出前授業を通じて、
多くの方にもその実感を味わっていただきたいと
思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆ ゴールデンウィーク
親子スペシャルワークショップ
を開催します!◆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子どもたちの才能を生かし、
子どもたちのユメを一緒に描いていくことを
願っているあなたのために、

ゴールデンウィークに
親子で参加できるイベントを企画しました。

小学校1年生以上の子どもが対象で、
親子同伴が必須です。

普段は気づかなかったお互いのことを、
知るきっかけになります。

イラストを通じた親子の会話を楽しみませんか。

<GWスペシャル親子WS at 墨田区>

5 月3日(金)

10:00~12:00 ユメカキ☆NOTEショート

13:30~15:30 イラトレ・カード講座

詳細・申し込みはこちらから
https://yumekaki.jp/?author=6

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

担当:西脇みえこ

ハワイ大学のユメカキ 講座で3人の女性を泣かせてしまいました


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆3人の女性を泣かせてしまいました◆
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハワイ大学2日目の授業は、
ユメカキNOTEを使った「ユメカキ教育」の授業を
4時間実施させて頂きました。

ところが、授業を進める中で、
3人の女性を泣かせてしまったのです。

もちろん、

私が、ではありません。(汗)

実は、ユメカキの授業のなかには、
自分が感動した「大好きな作品」の
ストーリーを題材にして、

それをある手順で読み解きながら、
自分のなかにある深い想いや
大切な「価値観」に気づいていくという

「はじまりの質問」という
ワークのプロセスがあります。

その「はじまりの質問」のワークの中で、
思わず、涙が溢れていらした方がいました。

最初のお一人は、松田 利恵先生。

ご自身が中学生の頃に感動した
「美女と野獣」のお話を伝える時間のなかで、

ご自分の中学生の頃の傷ついた経験や、
そこから学んだ大切な教訓が、
今のご自身の人生のストーリーに、
しっかりと結びついていることに、
さらに新たな気付きを深められ、

話をしながら思わず、
涙が溢れていらしたのです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
◆教室の空気が、一気に変わる瞬間◆
ーーーーーーーーーーーーーーー

その利恵先生のお話を通して、
教室の空気が、一気に変わりました。

このユメカキの授業が、私たちの中にある
「何」にアクセスしようとしているのか。

それが、一人一人の中にある「何」を、
しっかりと引き出してくれるのか。

次のお一人は、女子学生でした。

「はじまりの質問」で出てきた、
ご自身の深い想いに気付き、
もう泣きながらのお友達とのシェアでした。

今の家庭の事情や、周囲の期待のなかでは、
まだ十分に表現できなかったけれど、

自分の中にある一番大切な想いに、
気がついた瞬間。

彼女は、とても晴れやかな顔をして、
ご自分の想いをユメカキキャンバスに
彩り豊かに描いておられました。

ーーーーーーーーーーーーーーー
◆言葉を超えて、心がつながる瞬間◆
ーーーーーーーーーーーーーーー

授業が進むにつれて、教室はすごい熱気。

最初は10名ほどの受講かと思いきや、
受講人数もどんどん増えていき、
最後はワークシートが足りなくなる程に。

しかも、一人一人がご自分と向き合いながら、
本当にしっかりとユメカキキャンバスを描いて、
自分の心からの未来を可視化されていました。

ハワイの学生さんの真摯でオープンな姿勢に、
こちらもどんどん感化されて、
熱が入っていきます。

言葉を超えて心がつながる。

4時間のユメカキ授業でしたが、

「先生あっという間でした!」(oh!so fast!^_^)
とのコメントも頂きながら、

今回はそんな尊い経験をたくさん味あわせて頂く、
素晴らしい時間になりました。

ーーーーーーーーーーーーーーー
◆思い出に残る、手作りクッキーの味◆
ーーーーーーーーーーーーーーー

最後のお一人は中年女性の学生です。

ハワイ大学では、社会人やシニアの方まで
多くの世代の方々が学生として学んでいらっしゃいます。

その中年女性がなんと、今回の授業の為に
ハワイの伝統的な手作りクッキーを
焼いてきて下さいました。

私は、それを頂いたことが余りに嬉しくて、
御礼に、授業が終わってから
「似顔絵」を描いて差し上げたのです。

そしたらなんと、

その女性がその場で泣き出され、
(おそらく嬉し泣きかと思うのですが 涙)、
最後にはハグをして感謝を伝えました。

同時通訳の鈴木 順子先生、

サポートの朝日 一惠先生、

キャンバスを仕上げて頂いた利恵先生、

ツアーを通してバックアップ頂いた淵野恭子先生、

また、今回のご縁を繋いで頂いた
漫画家の前川 かずお先生、

そして、ご多忙のなか貴重な機会を頂いた
Jayson Chun先生、Minori Murata先生、

本当に有難うございました!

誰か一人が欠けても、今日の授業の熱気は
実現できなかったと思います。

ユメカキinハワイは、
本当に大成功でした!^^

 担当:松田 純

ホワイトボードにきれいに描くにはコツがあります

毎月、ユメカキ ファシリテーターが集まって開かれる勉強会「ファシリテーター・フォローアップ」

12月のテーマは、「ホワイトボードをきれいに描くテクニック」でした。
 

プレゼン資料を事前に用意しておける、パワーポイントと違って、

ホワイトボードを描くのは、毎回ゼロからです。
 

そして、講座やファシリテーションが終わったときに、

ホワイトボードが魅力的に描かれていたら、

参加者の満足度もさらにあがります。
 
 

「実は、きれいな線を描くにはコツがあるんです。」
 

3つのコツの1つめは、姿勢。
 
 
「立ち方が大切なんです!」
 
そんな基本から学びました。

 
 
ユメカキ ファシリテーターは認定資格をとったら、

「はい、終わり」ではありません。

学び続けて、一緒に成長していくことができるのが

ユメカキ ファシリテーターです。
 

あなたも仲間になりませんか。
 
次回のユメカキ ファシリテーター養成講座は、

2019年5月を予定しています。
 
 
養成講座を受講するためには、

ユメカキ NOTE講座を受講する必要があります。
 
 
すでに認定資格を取得したユメカキ ファシリテーターが

全国で開催しますので、

興味のある方は、チェックしてみてくださいね。
 

最新スケジュールはこちら

記事担当:朝日 一惠

大空のキャンバスに・・・!?

今日から11月が始まりましたね。
東京は、朝からとっても綺麗な秋の空が広がり、
少し風は冷たいものの、清々しさを感じていました。

そして、ふと、空を見上げたら・・・

これって、まるで「龍」に見えませんか?

(太陽に向かっている龍)

大きな青空をキャンバスにして、
誰かが白い絵の具で描いたかのような、
白い龍。

「もっと大きなビジョンを、描きなさーい!」という
メッセージを伝えてくれているかのようです。

・・・・・・

人は、枠にとらわれると、その枠を意識してしまい、
小さくまとまろうとする。

でも、空のように、果てしなく広いキャンバスなら、
どこまででも大きくなれる。

空いっぱいの、大きなビジョンを創造し、

「それは、どうやったから、うまくいったのか?」を

思い出しながら、行動プランを立ててみてくださいね。

時間は、未来から流れているのです。

・・・・・・・・

ユメカキNOTE講座では、
この考え方を体験することができます。

ぜひ、開催予定をチェックしてみてくださいね!

「忙しい毎日で忘れそうになっていた、自分の本音と改めて向き合えました!」

「もう単純に、楽しかったです!^ – ^

「最初は気恥ずかしさもありましたが、
描いていくうちに、感情が溢れてきました!」

「文字だけでなく、イラストにすることの楽しさと可能性を感じました!」

「自分の思いを整理でき俯瞰できました!」

「明日につながる行動が発見できました!
今日から実行します!」

「忙しい毎日で忘れそうになっていた、自分の本音と改めて向き合えました!(*゚▽゚*)」

・・・・・・

ご参加の皆さま、素敵な感想をありがとうございます。

・・・・・・

長野のお仲間のご要望で、
急遽開催したユメカキNOTE講座in東京。

教育関係者、企業人、地域リーダー、
起業家の方など、多様な方々が集まっての

熱いワークショップ&対話で、
今回も濃密な時間を過ごしました!

来週末は、第1期の
ユメカキファシリ養成講座。

志を同じくする仲間と、
学校×企業×地域をつなぎながら、
「心の教育」事業を、一つずつ広げていく。

日本から、世界へ。

ユメカキの「心」。

私たち日本が世界に誇る、
まんが文化と禅の心をとおして、

私たち人間一人一人が、自らの心とつながり、
さらには、みんなの心とつながりあい、
そして一緒に、お互いを支え合える社会を創る。

Gift from JAPAN

先人達の心を受け継いで、
新しい時代に、帆を張って進もう!

来年の、全国&世界展開に向けて、
今年はコアなメンバーの方々としっかりつながり、
土台を作りながら、準備を固めます!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

・・・・・・・・・

ユメカキJAPAN代表・松田 純

 

たくさんの感想をありがとうございます!

⚫︎絵に対する抵抗が減りました!
(というか、無くなりました!)

⚫︎ユメカキキャンバスで計画が立ちました!
今すぐスイッチONにします!

⚫︎絵を描くことも楽しいし、
でも内容はとても深くてすごいです!

⚫︎自分の価値観に出会えたこと、
心の中にあったものが表出したことが、
とても嬉しかったです!

⚫︎自分という物語の「構成」を
明確にするような講座でした。

⚫︎自分の根っこにある本心や、
譲れないものに気付ける講座です。

⚫︎自分のやりたいこと、生きている意味が、
分からなくて迷っている人に、
生きる意味が明確になる体験としてお勧めです!

⚫︎本当に楽しく、自分の本当の気持ちと
自分の夢をしっかりつなげることができます。
自分の夢実現の近道と思います。

ーーーーーーーーーーーーーーー

ご参加の皆様から、
たくさんの感想をいただきました。

ありがとうございます。

名古屋発!「ユメカキNOTE講座」も、
楽しく大盛況で幕を閉じました。

楽しく、カンタンな絵を描くことで、
自分の思考や感情がどんどん見える化されて、
自分とつながる!相手とつながる!

ユメカキ・キャンバスを描き終えた後の
皆さんの笑顔が素敵です^^

脳全体をすべて使い、
潜在性が引き出されることで、

心から望む未来に向かって、

シンクロニシティが頻発しながら
現実が、一気に変容し始めます。

ぜひユメカキの楽しさを、これからも
一緒に広げて頂ければと思います。

●2018年5月12日
●ユメカキNOTE講座(名古屋・初開催)
●講師:松田 純 & マツダ リエ

 

短時間なのに、これは・・・!!

ベテラン講師の方も、
小学校の先生も、
企業にお勤めの方も、
コミュニティ事業で大活躍している方も、
就活支援のコーチングをしている方も、

参加された方が
最後に声を揃えて仰ったのは、

「『ワールド・スイッチ』という、このワーク、
短時間での変化と気づきがスゴイ!!!!!」

・・・・・・・

昨日急遽、少人数制で
「ユメカキNOTE講座」を
特別に開催しました。

 

というのも、、、
すごく不思議な体験と、

対話を重ねた結果を通して

「ワールド・スイッチ」という、
新しいワークスタイルが
生み出されたからなのです。

このアイデアが降りてきた瞬間、
主人の身体の中に、
「虹色のエネルギーのようなものが
駆け抜けた」と、話していました。

(宇宙からのギフト!?(≧∇≦))

実際に、私も

「ワールド・スイッチ」を
自分自身で 2回 試したところ・・・

あれ?あれー!!!

早速、いろんなことが動き出した!ので
これはこれは、、、スゴイかも☆

脳の全体、いろんな脳の場所を同時に使うと
創造力が生み出されるもの の
クオリティが違うことを改めて実感です。

この「ワールド・スイッチ」は、
5月12日(土)名古屋開催「ユメカキNOTE講座」の中から

 

正式に導入します^^お楽しみに!!

・・・・・・

●2018年5月6日(日)

●NEWバージョン「ユメカキNOTE講座」トライアル

●松田純&マツダリエ

それは突然・・・降りてきた!

皆さんは、突然、何かが『ヒラメク』ことってありますか?

実は、本日の夕方、

ユメカキNOTEの今後のことで
事務局の朝日さんと、講師のリエさんと

打ち合わせをしたあとに・・・

まるで、

 

電流がドーンと痺れるような感覚になり、

ズドーン!と、頭の中に降りてきたのです。

 

 

それは、

新しいワークシートの形でした。

 

これまでの講座まで、で使っていたワークシートも

もちろん、素晴らしかったのですが、

 

何かもっと他に、あるような気がする・・・。

 

なんとなく感じていた違和感が、

ガチッと繋がったのです。

 

「これだ!」と降りてきたアイデアを、
早速、描いて、

自分自身に試してみると、

 

今までのワークシートを遥かに超え、
すぐに効果が現れました。

 

せっかく、出来たばかりのユメカキNOTEでしたが、

早速、仕様変更です(笑)

まずは、自分が感じた効果を

何人かに体験してもらう予定です。

 

ブラッシュアップされた、新しい手法を

ぜひ楽しみにお待ちくださいね。

 

 

ひとつ思うことは、

ヒラメキって、脳が混乱した、そのあとにやってくる。

大混乱したあとに、ブレークスルーはやってくる。

 

脳のいろんな部位を動かすのが

ポイントだと感じます。

・・・・・・・・

●2018年4月24日(火)

●打ち合わせ後の衝撃

●松田純

講座の受講で、もっとも重要なことは?

前回のトライアル講座から、
さらにブラッシュアップして、

「ユメカキNOTE講座」の第2回目が開催されました!

今回も、遠くは・・・

北海道・新潟・名古屋・香川・・・など、

本当に全国各地からご参加ありがとうございます。

みなさんが、
イラストや色を使いながら、楽しみながら、

実は、「自分の内側の深い部分にアクセス」をして

アウトプットで描き出す手法。

 

「簡単そうにやってますが、これって、、、

ものすごく秀逸で深いワークですね。

よくこんな手法を思いつきましたね。」

 

と、

 

ある大学の教授から、このような言葉をいただきました。

 

ただ、単に、イラストを描いている訳ではなく、

ただ、単に、色を使っている訳ではない。

そこには、緻密な計算がされており、
順番にやっていくと・・・

変容や気づきが起きやすい構成を

意図的に作っているのです。

 

 

そこには、
禅の教え、脳科学、心理技術、イラストの効果など
色々なものが組み合わさっています。

 

そして、

受講してくださった方が、
とても深い気づきを得てくださり、

今日、ご自分が気が付いたことを
ブログにまとめてくださいました!

(ありがとうございます^^)

●自分探しで参加した講座でもっと深い悩みに落ちるw – ユメカキ☆NOTE 講座参加

こちらから、お読みいただけます。

https://principowl.jp/seminar/yumekaki-note-20180421/

講座の受講をする中で、

すべての問いに答えて、
すべてが描けることが素晴らしいことではなく、

その場で「どのような気づき」を得て、

「どう日常につなげていくか?」

 

ここが、重要なんですよね。

自分にとっての気づきを、どのように活かすか?

ブログを書いてくださった受講生の方は、
とてもいい気づきをされたと思い、嬉しくなりました!

そして、もちろん、有言実行で、

メールで完成した作品を送ってくださいました。

こちらこそ、素晴らしいシェアと気づきを
本当にありがとうございます。

・・・・・・

●2018年4月21日(土)

●ユメカキNOTE講座

●松田純&マツダリエ

【やりながら考え、考えながらやる!】

2018年3月21日。

初開催「ユメカキNOTE」トライアル講座は、
直前の急なお声かけにも関わらず、
全国からお集まり頂いた方々との素晴らしい時間になりました。

「ユメカキNOTE」は、
各分野のスペシャリストの皆様からの
有り難いご意見もたくさん頂いて、
内容も進め方もパワーアップしました。

「禅マインドフルネス」を土台にしながら、
誰でも、楽しく、カンタンに
描くだけで『自分の内側が見える化』されて、
まわりのみんなとつながっていく世界を作る。

それが、

「ユメカキNOTE」!

 

トライ&エラーを繰り返しながら
今日の講座を元にしながら、
さらにブラッシュアップしてまいります。

何事もそうですが、

「やりながら考え、考えながらやる!」

ということは大切ですね。

何かチャレンジしたいと思った時は、
「まず。やる。」にフォーカスを当てていきましょう。

 

必ず、道は拓けます。

・・・・・・・

●2018321日(水・祝日)東京開催

「ユメカキNOTE」初のお披露目

講師:松田 純& マツダリエ