世界をユメカキでいっぱいに

INとOUTの効果的な比率。知ってますか?

こんにちは。

イラスト思考開発者
ユメカキJAPANプロジェクト代表、
松田 純 です。

実は、来月2月。

2度目のシンガポールに

伺うことになりました。

今回は、マレーシアの首都

クアラルンプール(KL)も一緒です。
(終盤にKLでも講座をすることに)

一歩ずつ、世界に広がる

日本発の教育メソッド。

「イラスト思考」&「ユメカキ」。

来月半ばには、

2期最後の養成講座もありますし、

2020年の展開のビジョンも

明確に描きながら、進んで参ります。

・・・・・・

先日、ひとり歩きながら、

ふと降りてきたフレーズです。

描く楽しさ、伝わる喜び。

夢を描く力を、世界中すべての人に。

ユメカキJAPAN 2020

ーーーーーーーーーーーー
◆手描きで「描く」ことでの、
思考と行動を変えるインパクト!◆
ーーーーーーーーーーーー

描く楽しさ。

伝わる喜び。

夢を描く力を、

世界中すべての人に。

まさに、

「手描き」で描くことで、

思考が一気に活性化し始める

効果については、

2019年のビジネス書ベストセラー

樺沢紫苑さんの「アウトプット大全」でも

何度か触れられています。

PCやスマホでテキストを打って、

デジタルデータ化することは、

情報管理のうえでは便利だけれど、

私たちの思考のエネルギーそのものを、

右脳と左脳をダイナミックに作用させて、

紙面に焼き付けながら、

まったく新しい発想をクリエイティブに引き出す、

もしくは、

一つの物事を深く考え抜いて、

突破口を見つけだすために、

手描きに勝るものは無いと言います。

私自身も、紙に手描きする時と、

パソコンやタブレットでのテキスト化する時を、

一日の仕事のなかでも、

両方使い分けて実施しています。

 

描くことは、考えること。

まさに、

身体性と思考の深まりが、

直結しているからなのでしょうね。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
◆インプットとアウトプット。
効果的な比率。知ってますか?◆
ーーーーーーーーーーーーーーーー

それでは、
私たちが、外部から情報を仕入れる時と、

自分から情報を発信したり、行動したりする、

インプット(情報入力)

アウトプット(情報出力)

を、2面で考えるとしましょう。

一般的な比率としては、

(IN)インプット:8

(OUT)アウトプット:2 の割合が、

もっとも多いそうです。

 

本を読んだり、ネットで検索して、

そのあと行動する場合には、

確かにそうかも知れません。

けれども、「アウトプット大全」によれば、

それぞれの分野で高い結果を出している人たちの、

INとOUTの比率は、ちょっと違うそうです。

(IN)インプット:3 

(OUT)アウトプット:7

だというのです。

いや、全然違いますよね!(汗)

物事を学び、身につけるためには、

インプットよりも、

アウトプットが極めて大切だ

ということが、分かりますよね。

知識としては学び、理解するけれども、

実際に行動しながら、実践を通して検証し、
学んで、コツを体得していく、

ということなのでしょうね。

私もさらに、失敗オーライ!(笑)で、

どんどん行動しながら、(失敗を楽しみながら)

今年も学んでいきたいと思います。

この考え方に触れて、さっそく私も、

生活のスケジュール、一日の過ごし方、

一週間の過ごし方の、

INとOUTの比率を見直しました。

読書や動画学習でのINも大事ですが、

基本はOUTしながら、

実践で身につけていく時間を

意識して増やしました。

図化すると分かりやすいですよね。

これも手描きだからこそ、肚落ちする

(意識と行動が変わる)面が大きいと思います。

今日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーー

●ユメカキ・ファシリテーター
養成講座2期最終募集
(2020年2月15日・16日開催)

*詳細はこちらをクリック

イラスト思考&ユメカキNOTEでの「”見える化”コーチング」の企業研修

本日は、株式会社WOWWOWコミュニケーションズ様で
イラスト思考&ユメカキNOTEを使った、
「”見える化”コーチング」の技術の研修をさせていただきました。

お集まりいただいたのは、
全国の各営業所で社内教育を担当されるリーダーの方々と、
研修企画や講座を担当する部署の皆様。
(同時中継で、札幌からオンラインで参加もありました)

常に、品質の向上を意識して、
人材教育に力を入れる企業(組織)は、

スキルやテクニックだけでなく、

社員ひとりひとりの自発性を引き出し、
伸ばすための「教育投資」にもとても熱心なのだ、

と改めて思います。

◆・・・・・・・◆

「毎年、外部の講師を呼んで、社員向けへの研修をやっていますが、

正直、びっくりしました。5年に1回か、2回ですよ、

・・・こんなに集中して取り組む研修風景は。」

◆・・・・・・・◆

教育にとても関心が強く「人を育てること」に
熱い思いを持っている部長様から、
研修を終えた時に、このようなお言葉をいただきました。

見える化するためのイラスト技術(描き方)は、

もちろんのこと、

イラスト思考をどのように効果的に使うと、
相手の変化や気づきを促すことができるのか?

など、見える化コーチングの要素を入れた、
ポイントをお伝えしました。

 

~受講していただいた皆様より~

「【スマイル・スイッチ】という手法が、
今回の研修の中でいちばん感動しました。
『課題→対策』の考え方を180度変えてもらいました。」

 

「当初、頭で描いていたことが、
【禅マインドフルネス】をした後では、答えが変わりました。
”ニュートラルにすることの大切さ”を学びました。」

 

 

「一緒に働くメンバーの”価値観を引き出す方法”がわかってよかった。
部下や同僚が『何にやりがいを感じるのか?』等、
相互理解ができるともっとスムーズに仕事ができそうです。」

 

「今まで自分のやってきたコーチングは、
組織や会社のミッションと照らし合わせるのが主だったが、
個人の価値観やミッションも
考えさせるのが大事だということがわかった。」

 

・・・・・・・

研修のご担当者の皆様、受講いただきました社員の皆様、

ありがとうございました。

  • 2018年10月11日(木)9時30分から16時30分まで
  • 株式会社WOWWOWコミュニケーションズ様
  • 担当講師:松田 純 ・松田 利恵

株式会社WOWOWコミュニケーションズ様にて企業研修を担当しました

「絵がこんなに簡単に描けるようになり
見える化しながらコーチングができる、
新しい考え方を知り、これは・・・目から鱗です!

 

「『ココロの5段階』のワークで、
ハッと、させられました。響きました。
今の仕事の目的を、もう一度、自分に問いかけます。」

 

・・・研修終了時に、このような言葉をいただきました。

・・・・・・

本日は、株式会社WOWOWコミュニケーションズ様にて

「イラスト思考×見える化コーチング」の

企業研修を担当させていただきました。

 

各営業所のリーダー(トレーナー)は、
社員を育て成長させるためのコーチング指導を日頃から取り入れており、

皆さんのお話を伺うと、お客様を大切にする思いや、

部下の成長を促すために、と、さらなるスキルの向上心を感じました。

 

ユメカキNOTEを使いながら、
「見える化コミュニケーション」の
新しいスキルセットをガッチリお伝えさせて頂き、

皆さんの真摯で意欲的な
お取り組みが本当に素晴らしかったです。

私たちが日頃、
様々なところで研修や講座をしている中で、

学校においても、企業においても、

 

「どう人を育てるか?」

「仕事(勉強)と自己実現とをどう重ね合わせていくか?」

という、問題意識が高く、

 

イラスト思考や、ユメカキ教育の考え方、アプローチが、

とても役に立てる実感を新たにしました。

 

研修のご担当者の皆様、受講いただきました社員の皆様、

ありがとうございました。

 

  • 2018年9月6日(木)
  • 株式会社WOWWOWコミュニケーションズ様
  • 担当講師:松田 純 ・松田 利恵